単身赴任先で人妻と会う~妻には内緒で出会い系サイト~

単身赴任先で出会い系サイトを使って人妻と会っています。もちろん妻には内緒の話。

メインイメージ

完全に悪質サイトのやり方だと気付きました

2014-12-15

無料出会い系サイトで名前もタダ友というサイトだたので、なんの疑いもなく入会してしまったのです。

もちろん最初はぜんぜんそんなことをかんがえてもいませんでした。

でも、結局初めのうちに使った分は無料のお試し用で、数ポイントタダだっただけでした。

そして、あるときから、相手のメールを開く事に、数千円という請求がされていったのです。

もちろん、利用分を支払ってからでなければ、脱会などはできないようになっています。

そして脱会のときにももちろん数千円分のポイントが、必要になるということです。

今さら見てもとはおもったのですが

規約をきちんと読んでおくべきでした。

また、規約を読んだときにはもっと驚いたことがありました。

というのは契約に対して問題があったときには、

6万円の違約金が発生するということだったのです。

僕の場合、ポイントがないのに利用してしまったわけです。

数日以内にもちろん数千円のポイントを買って払ったつもりですが、違約だと言われたらどうしようと本当に恐怖でした。

本当はポイントがない僕がメールを開けたりすることはできず、ポイントが必要だという提示がされるのが当然です。

でも一切そういうこともなく、どんどんポイントが使えるようになっていたわけです。

それで、後から違約だということにするのでしょう。

完全に悪質サイトのやり方だと気付きました。

サイト側は有料サイトであることを表示すること。

そして金銭的ないろいろな支払い条件を表示すること。

登録者への登録確認をすること。

これらを表示する必要が法的にありますので、そうでない場合はまったく無視して大丈夫です。

ただし、規約にきちんと書かれていることを見落としていたとしたら、こちらが訴えられても勝てません。

このように登録する場合はどんなに見にくいところにある規約でも規約を、必ず読んでから登録することです。

もし規約が見つからなかったら、どこかに隠している場合もあり、そういうサイトは問題だと理解しましょう。

カテゴリー: 出会い系サイト 

プロフィールの書き方。嘘は書いてもいいのか?

2014-12-05

プロフィールとは、つまり自己紹介のことです。

初対面の人と打ち解けるには、まず相手の基本情報が必要になってきます。

相手がどんなひとなのかが分かれば、共通点を見つけられたり、好奇心や興味がわき、話題が広がっていくのです。

ですから、プロフィールは相手に読んでもらうためのものなので、わかりやすく、丁寧かつ簡潔に書くことが求められると思います。

見やすく書くということが思いやりというものです。

プロフィールの書き方が雑であったり適当すぎると、相手はプロフィールを書いた人間の性格を読みとり、結果的に選んさえくれないかもしれません。

これでは素敵な出会いも遠のいてしまいます。

では、そんなプロフィールに嘘を書いてもいいのか、ということですが、これは個人の価値観によると思います。

想像力のある人間なら、嘘は書かないでしょう。

嘘を書いて、異性がたくさん近づいてきても嬉しくないからです。

ひとは「本当の自分」や「ありのままの姿」を認め、受け止めてくれる相手に喜びや安心感・満足感を得ます。

ですから、偽りの自分がどんなに愛されたとしても、盛り上がるのははじめだけで、心の隙間はちっとも埋まらず、むしろ空しさや孤独感がつのる一方なのです。

そこまで想像できるひとは決して嘘は書きません。

嘘にも種類がありますが、事実と異なることを書くのは相手を騙す行為にあたるので、当然やめるべきです。

どうしても自分自身の中に強いコンプレックスがあって、プロフィールに載せるには抵抗があるというのなら、「秘密」「内緒」「親しくなったら教えます」

などと書いて、逃れればいいのです。

嘘を書くメリットはなにもありません。嘘をつくと後々必ずあしを引っ張られます。

相手との信頼関係が壊れるだけでなく、傷つき、後悔が残るだけです。

それでも嘘をつきたいひとは、なんの目的があって嘘をつくのか、どんな結果を望んで嘘をつきたいのかを考えましょう。

嘘をついても、相手は何も知らず、真実だと信じて接してくるでしょう。

その健気な姿を見て、何も感じないひとがいるでしょうか。

カテゴリー: 出会い系サイト 

本気の人は有料の出会い系サイトを利用する価値がある

2014-11-27

無料の出会い系サイトでは、ほとんどのことが無料で利用でき、練習や冷やかしをしている人も多かったと思います。

女性も気まぐれに暇つぶしで登録したりするので、すぐに連絡がとれなくなったりしたこともあるのではないでしょうか?しかし有料の出会い系サイトでは、女性は利用が無料といえども、真剣です。

30代で婚活に真剣な人も多く、冷やかしで遊んでいる人はあまりいません。

男性はもちろんお金を払ってまで出会い系サイトに登録しているのですから真剣です。

ですから、メール交換が始まれば答えは比較的早いですね。

まず何回かメール交換をすれば、お互いのいいところと嫌なところが見えてきます。

早い人ならその時点でもうメールをやめて他の人のところに行きます。

そしてもし上手くいきそうだと思えば、早々に会うことを求めます。

女性側も承知しているので、無料の出会い系サイトのようにもったいぶったりしません。

そして早々に実際に会い、うまくいくかどうかを見定めます。

早い話をする人ではここで「実家の母親と一緒に住んでくれるか」などを確認したりもします。

このように、有料の出会い系サイトではあまり無駄がありません。

会う、会わないでグダグダいうこともありません。

ですから、本気の人は有料の出会い系サイトを利用する価値があると思います。

カテゴリー: 出会い系サイト 

妻には内緒で

2014-10-29

私が東京から単身赴任で盛岡に来たのは、数年前の事です。

出張で何度も来ていたおかげで、特に田舎だとがっかりする事はなく、かえって盛岡の方が、車があれば移動が楽だと思えたぐらいです。

出会い系サイトの利用は、単身赴任を始めたからではなく、妻には内緒で東京にいるときも利用はしてはいました。

単身赴任を始めてからは、気を使う事も少なくなったので、やりやすくなったのも事実ですね。

東京にいた時期は、全国規模の有料サイトを利用して相手を探していましたが、盛岡では地元の有料サイトを利用しています。

確かに、全国規模のサイトのほうが良いサイトがあると思いますが、実際、岩手県の女性は少ないと思い、携帯で地元のサイトを探しました。

私は、年も年なんで若い子と会うつもりもありませんから、自分の年に近い女性だと、どうしても人妻になってしまいますが、人妻は平日の昼間にしか会えず、私自身も土日は東京に帰る事が多いので、都合が良いのです。

また、私は営業所長をしていて、平日の昼間に時間を作るのは簡単なので、ちょうど良いのかもしれません。

東京での出会い系サイトでは、メール交換までは上手くいっても、実際に会うという段階で話が流れて会えない事がよくありましたが、盛岡ではかなりの確率でスムーズに会う事が出来るので、東京よりも女性と会う機会は多くなっています。

詳しい理由はわかりませんが、単純に土地柄だとは言い切れず、利用している出会い系サイトに恵まれているのかもしれません。

現在利用している出会い系サイトは前払い制なので、使用するポイント分だけネットバンクから出会い系サイトの口座に振込もをするので、使いすぎるといった事もありません。

東京で利用していた出会い系サイトは後払いで特に問題はなかったのですが、最近では悪質な後払いシステムのサイトも多数あるようなので、後払いの出会い系サイトは基本的に利用しないようにしています。

毎月の利用料にしても、常に会えるという女性が二人以上いれば、さすがに新しい女性を探す時間もないので、サイトを利用しなくなり、それほどお金をかけない事が多いですね。

カテゴリー: 人妻 

管理者よりご利用者様へ

単身赴任先で人妻と会う~妻には内緒で出会い系サイト~イメージ
単身赴任先で出会い系サイトを使って人妻と会っています。もちろん妻には内緒の話。

最新の記事

最新の記事イメージ

完全に悪質サイトのやり方だと気付きました

無料出会い系サイトで名前もタダ友というサイトだたので、なんの疑いもなく入会してしまったのです。
もちろん最初はぜんぜんそんなことをかんがえてもいませんでした。
でも、結局初めのうちに使った分は無料のお試し用で、数ポイント・・・続きを読む ≫

カテゴリー

サイトマップ

Copyright© 2014 単身赴任先で人妻と会う~妻には内緒で出会い系サイト~ All Rights Reserved.